犬を飼えない私が上の空で犬の散歩している人に伝えたいこと

埼玉の知人宅に遊びに行ってきました。
人に会いたいの半分、
犬に会いたいの半分です。
長野で知り合った
保護施設出身のワンちゃんで、
誰にでも尻尾フリフリ、って
感じのコではないのですが、
冬の間毎週のように会っているので
「友達」とまでいかずとも、
「知り合い」くらいの認定はしてもらえてるのかな、と。

たくさん写真を撮ってきたのに、
スマホの機種変更でデータが消えました。とほほ。

ひとんちの犬と散歩

犬に散歩に連れてってもらう

犬に会いたいの半分、なので、
お邪魔してちょっとお茶して夕方になったら
一緒にお散歩に行きました。
全然土地勘のない場所ですので、
飼い主さんももちろん一緒ですが、
ワンちゃんに道案内をお願いします。
家庭犬訓練士的には
犬に引かれるのはありえないことですが、
他人様のおうちの子と
お散歩させていただいているので
犬に任せます。
ただ、リードを離してしまうのだけは
嫌なのでがっつり両手持ちです。

※両手持ち・・・
リードのわっかに右手を一度通してリードを握り、
犬が左側なら左手でもリードをつかむ

よその犬を逃がしてしまった経験

子供の頃、
友人の飼い犬を一緒に散歩させていて
リードを離してしまいました。
犬は一目散に走り去り、
慌てて追いかけましたが
子供の足では追いつけず、
大人の足でも追いつけないけど、
幸い交通量も少ない住宅街でしたので、
そのまま距離を置いた追いかけっこ状態で
友人宅近くまで犬を追い込み、
走り寄ってリードを靴で踏んづけて捕まえました。
人んちの犬を離すなんて最低最悪です。
友人も特に慌てておらず、
野良犬や放し飼いの犬がたまにいるほどの昔の話ですが、
結構なトラウマになっております。

そんなこんなで
がっつりリードをつかみつつ、
ワンちゃんのいつものお散歩コースを歩きました。
たまにこの辺で野良猫ちゃんとあいさつするのよ、とか、
ここんちの柴ちゃんと仲良しなんだけど
今日はおうちの中にいるみたい、とか、
飼い主さんの解説つきで楽しく歩きました。

お散歩楽しいね!の顔

犬の散歩中にスマホ見るのはもったいない

犬のこの「お散歩楽しいね!」顔が
可愛くて大好きです。
信号待ちの時なんかによく
この顔でワンちゃんが飼い主さんを見ているのに、
最近じゃスマホばかりみている飼い主さんがいて
もったいないと思います。
日常になっちゃうと
そんなこともいってられないとは思うのですが、
やっぱりもったいないと思います。

雷にガクブルの犬を慰める

30分ほど歩いて
折り返し地点まで来た頃でしょうか、
雷の音が大きくなってきました。
海の近くの我が家では
あまり夕立や落雷もないのですが、
「雨雲レーダー」を眺めていると
内陸の方はいつもヤバそうで、
そしてその時わたしは内陸にいました。
いつも折り返し地点で
おやつとお水を楽しむというワンちゃんは
お水も飲まずおやつにも目もくれず
家に帰りたいと言います。
おしっこもせずすごい速さで家に向かいます。
人間も恐怖を感じる大きさに
雷の音が変わってきて、
大粒の雨が当たり始めた頃、
お家にたどり着きました。
間一髪のセーフです。
お家に帰ってから人間は雷の音に
「おお、こわい」とか言いながらも
のんきにお食事タイムです。
その間ワンちゃんはすぐそばに伏せて
震えていました。
大好きなおやつを差し出しても見向きもせずに。
ときおり吹く突風と窓を叩く強い雨、
そしてドーンと響く落雷。
「大丈夫だよ」と震えるワンコを撫でてやりながら、
「大丈夫なのかな」と結構怖かったです。

犬は雷が大嫌い

犬は花火大会に行きたいのか

うちの方の花火大会では、
近年ペットの入場ができなくなりました。
毎年ワンちゃんを連れて楽しんでいた人達からは
不満の声もあったようですが、
個人的にはそれでいいと思います。
人混みで小型犬を踏みそうになったことがあるし、
花火なんて雷同様
犬にとっては楽しいものでもないと思うから。
花火大会が催される会場の近くに住む人は、
その日は犬を連れて離れた実家に避難する、とか、
犬が押し入れに潜って震えている、
とか、大変そうです。
近所の水族館ではイルカたちも
プールの深い場所まで潜って耐えているそうです。
動物にしてみりゃあ迷惑な話ですね。
だからって花火大会中止ってのもナンセンスですが。

犬を飼っていないわたしにとって
犬の散歩はスペシャルな行事です。
犬を飼っている人は毎日のお散歩も
暑くて大変で行きたくないこともあるだろうけど、
わたしのような犬のいないかわいそうな人のことを
考えて楽しんでほしいものです。
一人で散歩しても楽しくないってば。
夏休み、あちこち出かけたし
これからも出かけるだろうけど、
雷と追いかけっこしながら犬と歩いたあの時間は
最高の夏の思い出になりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする