犬は猫より賢い?ニューロン数は知能の指標でも人気は不変です

世の中、とかく派閥に分かれがちです。
犬派と猫派、入社試験で訊かれても驚かないかもしれません。
私は猫派よりの両方派で平和主義者なので、
どちらにもより優れた部分とそうではない部分、
それはそれぞれの違いでしかないと認識しております。
脳の大脳皮質にある神経細胞「ニューロン」の数が
犬は猫の倍ほどあることがわかりました。
知能は犬の方が高いようです。
他の動物はどうなのでしょうか?

犬の方が賢いという科学的根拠

猫より犬の方が賢い?ニューロン数は知能の指標でも人気は不変です

犬の脳の大脳皮質にある「ニューロン」の数が
猫の約2倍の量だから、というのがその根拠です。

ニューロンは情報を伝達する神経細胞です。

脳の大きさと知能に関連性はない、と聞いたことがあります。
もし関連していたら、クジラが一番頭がいい生物ということになります。
クジラは頭がいいと思いますが、
宇宙の端っことか生命の誕生とかについてあまり考えないと思います。
考えてないとは言い切れませんが。

ニューロンの数のカウントするにあたって、
ちゃんと犬のサイズを考慮してあるそうなので、
ヨークシャテリアが!とか、
レオンベルガーでしょ!とか、そういった騒ぎには
ならなくていいみたいです。

ニューロンの数と賢さの関連性

犬のニューロンの数は犬のサイズに関わらず約5億。
これと同じくらいなのが、アライグマ、ライオン。

猫のニューロンの数は約2億5000万。
これと同じくらいなのはクマ。

うーん、いまいちピンときません。
アライグマは賢いから都会に適応している?
ライオンはネコ科だけど、組織だった狩りをするから賢い?
クマだって芸を覚えるし、賢いんじゃないの?

では、頭がいい動物の筆頭、霊長類はどうでしょう。

オラウータン・ゴリラ→ 80億~90億
チンパンジー → 60~70億

ヒト → 160億

これを見ると、ニューロン数=知能の高さ、ということが
わかります。

霊長類以外で一番ニューロン数が多い動物は
ゾウ → 56億
鼻を器用に使って、人間と共同作業をしていたり
賢いのも納得ですね。

ペットとしての適性はまた別の話?

ニューロン数が知能の高さの指標となることはわかりました。
しかし!
我々は「賢いから」という理由でペットを選んでいるでしょうか?

賢い動物と暮らしたいなら、カラスやヨウムがいいかもしれません。
しかし賢さゆえ、飼い主さんはいってみれば
「育児ノイローゼ」のようになってしまうという話もちらほら。

イルカもいいかもしれません。
でもお風呂場じゃ狭くてかわいそうだし、(入らないよ!)
イルカプールを用意できる個人もあまりいなそうです。

人気のあるペット、というのは、飼いやすさ、が
重要な条件だと思います。
個体の入手のしやすさ、餌の入手のしやすさ、
診てくれる動物病院の数、動物の習性等。
そこのところ、人と長い歴史を作ってきた犬猫というのは
それだけのことはあります。
人間の文化の中に彼らは溶け込んでいます。

賢いペットは飼い主がつくるもの

うちの子バカだから・・・
という言い訳はよく耳にしますが、
本当にバカなのでしょうか?

バカな子ほどかわいい、というのも
あると思います。
バカな子で困るなら、おりこうな子に
してあげればいいんです。

犬がコマンドを理解したとき、すごく楽しいです。
共同作業できる楽しみというのは特別です。
猫はコマンドを理解できなくても、見てるだけで楽しいです。
ふにゃふにゃで柔らかくてかわいい。
どちらも一緒にいてすごく楽しいんです。

猫は犬より知能が低いということがわかりました。
うちのネコは人を一瞬で眠りから覚ます方法を知っています。
ていうか人間をコントロールするプロなのです!

猫より犬の方が賢い?ニューロン数は知能の指標でも人気は不変です

犬種別IQランキング、なんていうのも一時流行りました。
話のタネに、と拝見しましたが、何事にも例外はあり、
自分の周りのわんこたちの顔が次から次へと浮かんで
面白かったです。
動物のニューロン数と知能の話。
これからもっと研究範囲を広げるそうです。
わかったら面白そうだけど、アライグマもクマも
犬も猫もずっと可愛いことに変わりはないでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする