猫に咬まれて通院中♪咬傷治療ドレナージはガーゼ突っ込まれて痛いヨ

久しぶりにうちの愛猫をシャンプーいたしました。久しぶりにうちの愛猫に本気噛みされました。骨に牙が当たる感覚がありました。それから毎日通院しています。まだ通院は続いています。

骨瘤で尻尾が上がらなくなってしまった愛猫

neko_kousyou2

我が家の猫は生後半年を過ぎても売れ残っていたスコティッシュフォールド折れ耳です。
ありえない価格でありえないサイズで売られていたのを、1日考えて迎えました。
先代もスコティッシュフォールドだったため、彼らのもつ先天的な障害のことは知っていましたし、この子の尻尾の長さなどみて、これは危ないタイプだな、と覚悟はしていました。
そう、コロっとしたタイプの体型、ペタっと折れた耳、太く短い尾、などの体型の猫は、関節に骨瘤ができやすいのです。
そして予想通り、骨瘤に悩まされることになりました。
一般的には骨瘤は猫の身体が成長を止めると、骨瘤も成長しなくなるといわれていますが、我が家の愛猫の場合、骨瘤は成長し続けてしまいました。
中には歩行に支障が出るほどの骨瘤に悩まされる猫もいますので、その点うちの猫はまだましなのかもしれません。
しかし、尻尾のつけねの骨瘤が邪魔をして、猫が嬉しいときにやる尻尾をぴんと上に伸ばすポーズができなくなってしまいました。
尻尾が上がらないと、嬉しい表現ができないだけではなく、排便の際に支障があります。
便秘になることもなく、お腹の調子は悪くないものの、いかんせんお尻の周りの毛が汚れやすいのです。
しかも大体の猫はお尻の周りの毛が結構長いんですよね。
んだもんで、定期的にシャンプーして清潔にしてやりたい、あわよくばお尻の周りの毛を少々トリミングしてやりたいのです。

ドライヤー中にマジギレした猫が本気噛みした

うちの猫はシャンプーが嫌いです。
多分多数派だと思います。
しかしお風呂場では飼い主にかなうわけもなく、シャワーで遠慮なくぬるま湯を浴びせ、ワシワシと洗浄します。
ぬれねずみになると何故か戦意消失するのでしょうか、ペソっとした状態で咬まれたことはまだありません。
ただただ悲しい声で泣きわめくだけなのです。
そして形勢が逆転するのはドライヤーのときです。
ドライヤーの風と音が彼女を不機嫌にします。
お腹側の毛は特に乾きづらいため、猫を片手でひっくりかえしてもう片方の手でドライヤーを当てます。
その際ちょっとバランスを崩した猫を危ない、と支えた私の左手を、本気で咬まれました。
牙が骨に当たる感触があり、その後はしばらく痺れて動かせませんでした。
しかししけっぽいまま猫を解放するわけにもいかず、無事な右手だけでなんとかドライヤーを完了させたのでした。
誰かほめて。

猫に咬まれたら何科を受診するのか、それが問題だ

neko_kousyou

普段から猫に咬まれ慣れている私でも、尋常じゃない痛みにこれはやばい、受診しよう、と、噛まれたのが日曜だったため翌日に受診するための病院を調べました。
何々、治療は、傷口を切開するかもしれない・・・どひゃー!
だから外科的処置をできるところがいいらしい。
皮膚科か、整形外科か、形成外科か。
というわけで、整形と形成を謳っている個人医院を受診しました。
傷をイソジンで消毒し、ガーゼを当てて処置してもらいました。
お医者様が「三種混合ワクチンとかしてる?」と仰るので、猫のことかと思いきや私のことでした。
要は破傷風のワクチンをしているかどうか。
お母さんに聞かないとわかんない、と小学生のような返事をしそうになりましたが、私の返事を待つ前に、ぽかんとした様子を見た先生が「念のためやっとこうか、ね」と予想外の破傷風ワクチンの筋肉注射。
30代で四十肩をやったときに散々ステロイドだのヒアルロン酸だの筋肉注射したおかげで、全然痛くなかったけど。
破傷風ワクチン打ったから未開のジャングルに行っても大丈夫なんですかね?と聞いたら、数か月しか持たないとか。なーんだ。
その日は、抗生物質と鎮痛剤、胃薬を処方されました。
咬まれた左手は、赤ちゃんの手みたいに腫れていました。

猫の咬傷治療のドレナージってやつですか?痛いです

neko_kousyou1

それからは面倒だけど毎日通院です。
1日目は消毒してガーゼを当てただけだった傷口でしたが、翌日は消毒した後に滅菌したガーゼのような繊維を割いて糸状にしたものを、傷口にぎゅうぎゅう押し込まれました。
ドレーンとかドレナージとかいう治療法で、切開されなかっただけマシなんだと思います。
3日目も4日目もその繰り返しです。
糸をほじくり出して交換します。
猫の牙は細く、傷が深くなりがちで、深い傷口の奥の方が化膿したまま傷の表面の方が閉じてしまうといけないから、わざと傷が閉じないような処置をするんだとか。
抗生物質の経口投与だけじゃ猫の毒(?)には太刀打ちできないんだね・・・。
ちなみに、先生曰く「ヒトに咬まれた傷が一番やばい」と仰っていましたが、確かに、人畜共通伝染病どころの話じゃなく、ありとあらゆる病気がうつりそうですもんね!
私も、いざとなったら咬みつこうと思います。

左手に穴が開いた生活

現在も通院中ですが、毎日だったのが隔日になったのでだいぶいいです(受傷後8日経過)。
飲み薬は抗生剤と胃薬のみ。
でも花粉症の薬も飲まなきゃいけないので、食後は忙しい。
傷口は、自分でバンソウコウ交換してもいいといわれたので、防水のやつを買ってきたら世界が変わるくらい過ごしやすい。
それまでは左手だけゴム手して料理したりお風呂入ったりしていたので。
受傷6日後にスキーとか行っちゃったけど、特に問題もありませんでした。
傷口のガーゼを突っ込んでいる穴がだんだん浅くなっていって、ガーゼが入らなくなってくるんだそうです。
いつ完治するかはわかりませんが、治療は痛いけど、真面目に通院を続けたいと思います。

知らない犬や猫なら迷わないかもしれませんが、愛犬愛猫だと室内飼いだし大丈夫でしょ、と思うかもしれませんが、本気噛みされたら病院へ行った方がいいですよ~。受付の女性や、薬局の薬剤師さんとかにすんごい話しかけられます(笑)。笑いごとじゃないんだけどね!

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする