ハゲちゃった?ファーミネーターやりすぎ問題!猫の毛周期を考える

ペットの抜け毛でお困りの飼い主さんは多いのではないでしょうか。そこに登場したファーミネーター。ちょっとお高いですが、ごっそり毛が抜けて換毛期なんてさっさと終わらせたい!というニーズに合った商品ですね。わたしも買って(類似品を)愛用していたところ、白黒猫の白の部分がうすらピンクになりました。

ペット(犬猫)の毛は人間の毛と同じような毛周期

久しぶりにうちのネコを見た人は皆心配します。
「大丈夫?なんかやつれてない?」
だいじょうぶ、体重は100gだって減ってはいません。
早く毛生えてこないかな・・・。

犬や猫にもヒトと同じように毛周期があります。
毛周期というのは、ヒトの髪の毛の場合、

  • 成長期(伸び続ける状態:全体の85%)
  • 退行期(伸びなくなる:全体の1~2%)
  • 休止期(伸びないままとどまっている:全体の15%)
    →毛包の中に新しい毛ができると、休止期の毛は抜け落ちます。

ヒトでも頭髪以外の部分、生えている場所によって、それぞれの割合は違ってきます。
脱毛サロンなんかはこれを考慮して、処置する時期を決めています。

ペットの場合、特に犬の場合、毛周期は犬種によって全然違うようです。
ゴールデンレトリバーやヨークシャテリアは休止期にある被毛の割合が多いですし、プードルやシーズーは成長期にある被毛の割合が多いようです。
この違いが、抜け毛の多い犬種、少ない犬種、と言われる所以なんでしょうね。

ファーミネーターやりすぎ?

肩のあたりがうすらピンク

ファーミネーターはブラッシング嫌いのネコの(飼い主の)救世主か

どうしても爪切りが嫌だとか、注射が嫌だとか、ペットによって苦手分野はあると思います。
苦手なことをしなくてはならないとき、重要なのがスピードです。
モタモタしているとペットはイライラを募らせ爆発してペットや人間がケガをしてしまうかもしれません。

猫の場合、本来ならば、子猫のうちから慣れさせてブラッシング好きなネコにするのが一番ですが、うちのはだいぶ大きくなってから来たので確固たる意志を持ってブラッシングお断り状態です。

しかもうちの猫は非常に狂暴なため、ブラッシングと言えばお食事中か、寝る前のフミフミタイムに背後からさりげなく、かつスピーディーに、が基本です。
ゴハン大好きな一気食いタイプだったのが幸いです。

フミフミタイムはねらい目

しかし、ブラッシングのための時間ではないわけで、ウルトラマンに制限時間があるように、背後から急襲してのブラッシングにはシビアな制限時間が設けられています。

ネコの機嫌を損ねれば即終了です。
いかに短時間で効率的に毛を抜くかが問われます。

そこでファーミネーターです。

ファーミネーターは高価なので、ケチな私は半額以下のアンダーコートをごっそり取るというセニングブラシを愛用しています。
これが抜け毛対策に効果的なら、ファーミネーターの本物を買おう!

言っておくと、ハゲたのは商品のせいではなく、私の使い方のせいです。
同じ場所ばかり攻めたらダメ!ぜったい!

ファーミネーターの半額以下ですが、毛抜き効果は抜群でしたので、そろそろ本物のファーミネーターを手に入れよう、と決心してから数年が経ちました。
宝くじが当たったらきっと・・・。

数年間は無事でしたのに、なぜか今年になって初めて猫をうすらピンクにしてしまいました。
焦っていたのでしょうか?
やりやすい部分、すなわちブラッシングしやすい部分、相手によって微妙に違うかと思いますが、大概が背中あたりでしょうか、やりやすいからといって集中攻撃するとハゲます。
ハゲるだけならまだしも、関節の部分などは擦過傷にしてしまうとかさぶたになって痛くてかわいそうです。
ピンクの猫を作出してしまったのは、曲がりなりにもトリマー資格者として失格者です。

ペットをハゲさせないファーミネーターの使い方

1. 集中攻撃しない

同じところばかりとかさない。毛玉になっている部分があったら、集中攻撃してとかすよりも、ハサミやバリカンで切り取ってしまった方がいい場合もあります。

2. 必ず両手を使う

普通のスリッカーブラシでのブラッシングでもそうですが、利き手でファーミネーターを持ったら、逆の手で犬(猫)の皮を引っ張っります。皮膚をしっかり張って、伸ばした状態で毛の流れに沿ってブラッシングするのがベストです。シャンプーした後のドライ(カット前)は逆毛を立てますが、普段のブラッシングでは・・・っていうか、ファーミネーターで逆毛立てるのは難しいですね。ブラシを持たない方の手で皮膚を張るのは、猫の場合ちょっと難しいですが、ペットの急な動きにも対応できます。

ファーミネーターやりすぎでピンクになっても大丈夫?

ハゲた猫本人は涼しく感じているのかもしれません。
よく夏にサマーカットされているワンちゃん猫ちゃんを見ますが、犬種によってはサマーカットすることで直射日光を受けて余計暑くなってしまうのもいます。

抜け落ちた、もしくは抜け落ち待ちの休止期の「アンダーコート」を除去するものなので、そもそもダブルコートではないシングルコートのワンちゃんには不要のものです。
シングルコートの犬種は、スリッカーでもいいですが、ラバーブラシや獣毛ブラシなどで優しくブラッシングすればいいんじゃないでしょうか。

ではネコは?うちの子は大丈夫なのか?
完全室内飼いのうちの猫は空調の環境下で生活しているので多少うすらピンクになっても大丈夫でしょう。
寒かったら冷房の効いていない場所に移動するし。

だけどツルっとした猫を見た他人から、「大丈夫なの?やせた?」と激しく心配されると「だ、大丈夫なのかな」と心配になってしまいました。

ただ、ピンク部分は毛のカバーが薄いので、ブラッシングの時に擦過傷にしないように優しくしないといけません。
毛が薄くなるということは、その部分の防御が弱くなるということです。

物言わぬ動物の健康状態は毎日の観察に尽きると思います。
毎日見ているペットたちの「いつもと違う」に気づくかどうかが肝心なのです。
いつもと違ってなんかピンクだよ・・・。

トリマー御用達のスリッカーブラシがいちばん

肝心の抜け毛対策はどうなんでしょう。

換毛期、ファーミネーター(もどき)で毎日抜きまくった結果、いつもの換毛期よりは抜け毛ピークは早めに収束したように感じます。

しかし猫は換毛期以外に毛が抜けないわけもなく、結果的にはうすらピンクで心配するよりは
いつものスリッカーブラシでゆっくり急いでブラッシングを心掛けた方がいいという結論になりました。

そもそもうちの猫がゆっくりブラッシングさせてくれたらこんなことにならなかったのに、
と責任転嫁です。

ゆっくりブラッシングできたなら、やりやすい場所(猫によって違うと思います)ばかり集中攻撃してしまうのも避けられそうです。

毛周期というものがありますので、いっときに激しくブラッシングして毛を取り除いても、休止期にある毛だけではなく、成長期の毛まで抜いてしまうだけで、結局また抜けやすい休止期の毛は発生するわけで、いっぺんにまとめてではなく、こまめにブラッシングするのが一番、という至極当然の結論に至るわけです。


これこれ、これだよ!
トリマー御用達スリッカーブラシ。
使えば使うほどピンの先が削れてマイルドになっていく優れものです。
うちのは20年モノでして、たくさんのワンちゃん猫ちゃんに使いましたので、だいぶ毛先がマイルドになっています。

お湯の中で揺さぶれと獣医師は言った

かかりつけの獣医師のところには換毛期だろうと爪切りに伺います。
そこで鷹匠用手袋のようなもので保定しつつ、極悪な態度で爪切りを終えたうちの猫をキャリーバッグに格納した後、診察台に残るは大量の抜け毛。
いつも「すみません散らかして」と謝っている私に先生は大丈夫大丈夫と仰る。
先生曰く、抜け毛シーズンをさっさと終えるには
「お風呂に浅くお湯を張って、その中で猫を揺さぶる」といいらしい。
うちの猫狂暴なんです。
喰わず嫌いはよろしくないのでもちろんやってみましたけど、私の手の傷が増えました。
でもそこまで狂暴じゃないワンちゃん猫ちゃんには有効なんだと思います。
最近では乾かすのに便利なグッズも充実してきました。



これならドライヤー中に(自然乾燥はダメですよ!)部屋じゅうに毛が舞い散るのも防げますね。
でも得に短頭種、いわゆる愛すべきブサかわ系の鼻ぺちゃさん(ペキニーズとかフレブルとかパグとかエキゾチックショートヘアとか)は体温調整が苦手なので、熱中症にくれぐれもご注意を。


抜けまくった猫毛の使い道

ファーミネーター(もどき)を使用するととんでもない量の抜け毛が発生し、我が家の燃えるゴミにおける猫毛の割合は相当なものでしょう。

猫毛をフェルト化して本人(猫)そっくりな人形を作っている器用な方もいらっしゃいます。
可愛くてぜひ欲しいですが、わたしはとんでもない不器用で根気がなく飽きっぽいので無理です。

ダウンジャケットの羽毛の代わりに猫毛を入れてニャウンジャケットはどうでしょう。
半纏の中身や、枕の中身は?
編み物にするにはよって糸にする必要があります。
めんどくさい。

はい。結局ゴミ箱にポイです。

シャカシャカ素材が猫毛の悩みの救世主?

猫飼いのおばさまで、お家の中ではシャカシャカ素材しか着ないとおっしゃっている方がいました。

ウインドブレーカーのような、ナイロン素材の服を好んで着ておられるとのこと。
シャカシャカうるさそうですが、払えば毛が落ちる、というのは非常に魅力的です。
冬はよさそうですが、夏はどうでしょう…。

冬の間は検討してみる価値がありますね!




しかし猫アレルギーというのは結構人口が多く、わたしの周りにも結構いますので、着替えは出かける直前にしたり、着替えた後は猫を抱っこしないようにしたり一応気を付けています。
でも猫が足元にスリスリしてくるのは拒否できないし、もうしょうがないなぁ、なんてデレデレしながらコロコロで誤魔化しているのが現状です。
各種ブラシやお掃除グッズ、シャカシャカ素材の服など駆使して上手に抜け毛対策していきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする