キツツキ対策はこれ!火災保険キツツキ特約とお家のデコレーション

ここのところそれほど暑くない首都圏ですが、いちおう避暑のため、長野のペンションへ行ってきました。

夏でも涼しい高原の、バブルの時代に建てられた大きなログハウスで、なるほどバブルの時代だけにお金がかかっている感じがします。

で、その大きなログハウスですが、軒下にところどころ小さな穴が開いています。

オーナー曰く、「キツツキがねぇ・・・」とのこと。
へぇ、キツツキねぇ。

横浜でも大きな公園に行くと小さなキツツキ、たぶんコゲラでしょうか、を見かけることはありますが、さすがに家屋への被害は聞いたことがありません。

キツツキ対策これ!火災保険キツツキ特約とお家のデコレーション

長野のログハウスは雪の降る地域ですので、穴をあけておくのはあまり好ましくはないらしく(当たり前?)、オーナーは火災保険のオプションで直すと言っていました。

火災保険のオプション?
キツツキ特約的なものが長野にはあるのでしょうか?

火災保険にキツツキ特約?

よくよく話を聞くと、キツツキ特約というものがあるわけではなく、火災保険の「不測かつ突発的な事故を補償する特約」というものでカバーできるらしい。

なるほど火事以外の予想できない突発的な事故ってやつにキツツキ被害は含まれるのですね。

保険料はその分多く支払っているはずですが、これから別荘やペンションを建てる方は検討されてもいいかもしれません。

5年更新の地震保険ではなく、10年とか長期で更新の火災保険のほうのオプションで、後からオプションだけを追加するのが難しいと思われますので、火災保険加入のタイミングに注意が必要です。

しかし、治療より予防が肝心といいます。
キツツキ被害を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

外壁をサイディング、金属板にする

これはもうログハウスはあきらめろと言っているようなものですね。

デザイン的に妥協しなければどうにもなりませんが、サイディングや鉄板はキツツキもつつかないようです。
キツツキのためだけに別荘やマンションの外観を大幅に変更するというのもなかなか難しいでしょう。
素朴で骨太な感じのログハウスと、モダンでスマートな感じのサイディングでは、どちらもおしゃれだけれども方向性が真逆です。

鳥のキライなものでデコレーションする

都会のマンションのベランダでハトやカラスの対策をしたり、畑に案山子を立てたりするのと同じです。
CDをつるしておくと一定の期間はやはりキツツキも警戒しますが、すぐに慣れてしまうようです。
フクロウの人形も同様。


ではフクロウやワシやタカ、カラスなどキツツキが嫌いそうな鳥の人形をたとえば1週間ごとに交換してみたらどうでしょう?
人の人形、すなわち案山子を吊るしてみたら?
外から見た人がギョッとしそうですが、ぜひ実験してみたいです。
キツツキ対策だけでなく、対人間の防犯対策も兼ねられそう!

なんにせよ、人形で対策するとしたら、見た目は完全に捨て去れねばなりませんね・・・。

テグス、網を張る

一部工務店などでも、キツツキ対策として網を張る処置は行われているようです。

足場を立てて設置しなくてはならないのでそれなりの費用がかかることと、網の間からキツツキが侵入することもなきにしもあらず、しかし現状では一番現実的なところでしょうか。
細かい編み目の、見た目にあまり響かないものも軽井沢あたりのおしゃれな別荘地では使われているようです。
実際、ネット上で施行例も見れますが、プロが施すだけあって、イメージしたテグス感や網感は感じられず、いい感じでした。

キツツキ対策これ!火災保険キツツキ特約とお家のデコレーション

キツツキはキツツキというくらいですから、そこに木があればつついちゃうものなんでしょうし、森の中で聞くキツツキが木をつつく音はなかなか癒されるのですが、つつかれた木に住んでいる住人からしたら、(この場合虫じゃなくて人ですね)穴が開けば湿気が入ってカビが生えるわ、動物が入ってくれば糞もするだろうし、そうしたら害虫も増えるだろうし、何もいいことがありません。
安らげるはずのお家の中で、四六時中キツツキのことばかり考えて過ごすのもあまり健全ではないかもしれませんし、「キツツキ全滅すればいいのに」なんて考え方も健全とは言えません。
幸い我々のお世話になっているペンションのオーナーはそこまで思い詰めてもいないようで、それは保険のキツツキ特約に入っていたからかもしれません。
私は保険屋ではありません。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする