一緒にフルーツ食べよう!インコに与えていい果物&野菜は?

食事でもお茶でも、ひとりで食べるより、誰かと一緒の方がより美味しく感じるとかいいます。

私はアワビとかサザエが大好物で、ラッコと話が合いそうですが、それらはひとりでじっくりこっそり味わいたいのですが。

ペットと一緒に同じものを食べる、というのはできそうで意外とできません。
やろうと思えばできますが、ペットの健康面を考えると、人間と同じものは味付けが強すぎてよくありません。

でも、ワンちゃんやネコちゃんのフードやおやつを食べたことがある勇者もいるのでは?
味がなくて喰えたもんじゃありませんよね。

でもインコは違います。
インコとは同じ釜の飯・・・は食えませんが、果物なら一緒に楽しむことができるんです!

ペットフードを食べてみる?

一緒にフルーツ食べよう!インコに与えていいもの悪いもの

インコと同じものを食べる。
インコのフード(ペレット)はさすがに無理ですが、おやつは結構イケます。
正直言って美味しいです。
でも、価格的には人間用のほうが安いかもしれませんので、好んでインコ用を自分のために買うことはしません。

「この商品はペット用です」とちゃんと書いてありますが、何の情報もなければ美味しくいただいてしまう可能性に満ちています。

ナッツやドライフルーツを使用したおやつなら、人間が好んで食べるものと同じですね。
ナッツは塩気がないけれど、香ばしく甘さを感じます。
ドライフルーツは言わずもがな、人だろうがインコだろうが同じく美味しいものです。

インコは辛さを感じないといわれているので、唐辛子なんかもバリバリ食べられます。
調子に乗って人間が真似したら火を噴きますね。

我が家のインコはなかなか食いしん坊で、食卓のすぐ近くに鳥かごがあるものですから、人間が食事しているとじっと片目で見ています。

インコは真剣になると片目で物を見ます。
鳥かごに貼りついて、こちらを見ています。
人間が、ゴハンに味噌汁におかずに・・・という普通の食事をしていると、おもむろに自分も餌を食べだすのです。
一人で食事しなくてはならないとき、インコがそばにいると一緒に食べてくれるので寂しくありません。
むしろ、食後のデザートの果物を卓上に並べようものなら、寂しくないを通り越してうるさいです。

恐竜にもあったらしい そのう

スズメやハトにパンくずやごはん粒をあげたことのある人は多いでしょう。
鳥類には「そのう」と呼ばれる消化器官があって、食べたものを消化する前に一時的に貯めておくための器官です。

この「そのう」、鳥だけではなく、昆虫やミミズやヒル、そして恐竜にもあったといわれています。
鳥類が恐竜の子孫だというのも納得ですね。

鳥類でも、フクロウやガチョウ、カラスなどはそのうを持たないとか。
そのうを持つ鳥は、炊いたご飯やパンを食べるとそのうの中で腐って「そのう炎」を起こしてしまう危険性があるので、インコには与えない方がいいです。

インコはあくまでインコフード(ペレット)の総合食のみ、あとはおやつにインコ専用品、が長生きさせるためには大切なことです。

インコと一緒に果物ならOK?あげても平気な野菜は?

一緒にフルーツ食べよう!インコに与えていいもの悪いもの

同じ釜の飯を食う、という位ですから、同じものを食べることは相手との関係を深めるのにはとても有効です。
インコと一緒に食べられるものもあります。
それは、果物!そして、野菜!

果物高いですよね。
うちはたまによそ様からインコちゃんに、とフルーツを頂いたりしますが、肝心のインコちゃんは大量には食べられませんので殆どを人間が食べちゃっています・・・。
糖分が多いから、太ってはたいへん!あなたのためだから!

我が家のインコが好きなのは

  • イチゴ
  • びわ
  • スイカ
  • リンゴ
  • ブドウ
  • キウイ

好きな順でこんな感じです。

赤っぽいものが好きなのか、味が好きなのか。
イチゴを食べたあとは、クチバシの周りが真っ赤に染まり、サバンナのライオンのようです。
メロンも好んだ気がしますが、いかんせん飼い主の財布の事情で、あまり経験値が上がりません。
みかんの経験値ばかりが上がっていきます。
静岡のみかんと愛媛のみかん、違いが分かるようになったらYOUTUBEデビューします。

柿はタンニンが、梨はシュウ酸が含まれるのであげられません。
インコから隠れるようにしてこっそり食べています。

アボカドは果物というより野菜のイメージですが、これはインコには毒なので与えてはいけないそうです。
美味しいのに、不思議です。

インコに与えていい野菜や果物については、諸説ありすぎてどれが正解かわかりませんし、可愛い自分のペットで試す気にもなりません。
なので我が家の場合、一般的に「みんなあげてる」という安心材料がある、コマツナかチンゲン菜くらいしか野菜はあげません。
それも総合栄養食のペレットを与えているので、栄養素に関しては十分足りている、という考え方からです。
それに、果物は糖分があるので、欲しがるだけ与えてしまうと肥満になってしまいます。
鳥の病院の患者さんには、先生からダイエットの指示を受けている鳥ちゃんも結構いるんですよ。
果物や野菜はインコの食の楽しみでもありますので、全て禁じてしまうのはかわいそうですから、ほんの小指の爪の先程の大きさの果物一切れを1日1回、たまにない日もあるけれど、の楽しみに与えています。

一緒にフルーツ食べよう!インコに与えていいもの悪いもの

普段はひまわりの種を放鳥時に食べていますが、ひまわりの種は普段私は食べないので一緒、とはいえませんね。
コマツナの葉っぱなども、人間はあまり生のままバリバリいかないですもん。
改めてみると我が家のインコはなかなか充実した食生活を送っているのかもしれません。

美味しい果物を食べる時のインコの表情はみものです。
目を吊り上げて、一心不乱に食べます。
時々何か言っていますので、多分「やばい、うまい、美味しい美味しい」とうなっているのでしょう。
楽しいですよ!

おやつもいいけどおもちゃもね!

インコちゃん寒くないですか?

インコと水遊びしませんか?

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする