クリッピングのメリットとデメリットを考える!インコの風切羽問題

彦根城のお堀に暮らす白鳥さん達の風切羽のクリッピングが行われました。

お堀から飛び立って逃げてしまったりケガをしてしまったりを防ぐために定期的に行われている恒例行事です。
飼育されている鳥たちはこの風切羽のクリッピングをされていることがあります。
羽の一部を切って飛べなくするのですが、特にインコを飼育されている方にはこの風切羽をカットするかどうかというのは悩ましい問題です。

風切羽を切るクリッピングのメリット

お家で飼育されているインコちゃん達は普段鳥かごの中で暮らしていると思いますが、
一日に何度かは放鳥するタイミングがあり、この放鳥のときに色々な事故が起こります。

逃げちゃった

窓を閉めたつもりが・・・。
インコは一部インコを除いて(ワカケホンセイインコが有名です)日本の環境には適応できませんし、外来種を放出するのもいかがなものでしょうか。
逃げたインコはよっぽどの幸運に恵まれない限り、飼い主さんとの再会は難しいと思います。

調理中のお鍋やフライパンに

食事の準備中に放鳥することもあまりないかもしれませんが、熱い調理器具に当たったり、お鍋に落ちたりしたらどうなるかは明らかです。

家具や建具への衝突

ビルの窓に衝突して残念ながらすでに亡くなっている野鳥が動物病院に運び込まれるケースがしばしばあります。
インコは身体が軽いので大丈夫そうに見えますが、衝突事故は危険です。
特に中型から大型のインコは、日本の住宅では狭すぎて思い通りに飛行できず、窓や壁に激突してしまいます。

体育館並のインコ部屋があるお宅には関係のない話です。

インコのクリッピング

クリッピングのデメリット

では風切羽は問答無用で切っちゃえばいいんじゃないの。
いえいえ、やはりクリッピングにもデメリットはあります。

インコのストレスになる

放っておけば風切羽はまた伸びてきますので、定期的にクリッピングする必要があります。
その度に押さえつけられて羽をカットされるわけですから、少なくともクリッピング行為そのものがストレスになりますし、カットした後は羽の具合が変わってしまうわけですから、ストレスになります。

体重の軽いインコのこと、体にかかる負担は私がロングヘアをショートヘアにしたときの比ではないはずです。

飛べないことに気づかない

いける!飛ぶぜ!と飛び立ってみたら飛べないのです。
落下してケガをする危険性もあります。スカイダイビングで飛行機から飛び出してみたら、パラシュートが壊れていた・・・。ギャー!

そして我が家のメキシコシロガシラインコは

うちのインコがうちのインコになりたての頃は売られていたショップで切られていたのと、その後健康診断で連れて行った鳥病院で切ってもらったので最初の頃は風切羽はクリッピングされた状態でした。

放鳥したときはどうか。
うちのインコ、全然飛ばない。
基本歩く。お前は鳥かって確かめたくなるくらい歩きます。
結果、その後のクリッピングはしていません。

調理中は放鳥しない。

窓とドアが全部閉まっていることを確認してから放鳥する。

猫の所在は必ず明らかにしておく。

猫と鳥二人きりにしない。

とにかく放鳥している時は人間がそばにいて目を離さずにいますので、何か大きな音にビックリしてパニック飛びしちゃった場合でも何かにぶつかる前に人間が空中でショックを逃がしながらキャッチします。

向かって取るんじゃなくて引いて取るボールのように!
そもそも本当に飛ばないトリなので、踏まないよう注意ですが結構大きく存在感があるし、猫と暮らしていると余計足元に注意して歩く癖がついています。

風切羽クリッピング

そんなこんなで我が家のメキシコシロガシラインコには立派な風切羽が生えておりますが、かれこれ10年、ケガなく事故なく元気に過ごして参りました。
慢心せず、これからも放鳥時は目を光らせ続ける所存です。

同じ種類のインコちゃんでも個体差があるでしょうし、種類が違うならなおさらです。
それぞれのインコちゃんに合わせてクリッピングするかどうかよく考えてあげたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする