野生のコウノトリをみたい!放鳥された個体のGPS位置情報あり

大きい動物っていいですよね。
大型犬、大型インコ、大型魚・・・
レオンベルガーは住宅事情的に飼えそうにないし、コンゴウインコは住宅事情的に飼えそうにないし、ピラルクーは住宅事情的に飼えそうにありません。
コンゴウインコは日本に野生種として存在しませんが、シラサギが頭上を飛んでいくとなんかハッピーになりませんか?
群馬県でぼけっとしていたら頭上をムササビが飛んだんですよ。
そりゃもうハッピーですよ。

千葉県野田市のこうのとりの里では、6年連続でコウノトリのヒナが誕生したそうです。
ハッピーバースデー!

コウノトリはカラスみたいにその辺にいたのに

コウノトリといえば兵庫県のイメージがありますが、いかんせん大きな鳥で、しかも渡り鳥。
彼らに県境どころか国境も関係ないように、日本国内でもGPSを駆使し、各地の人々の観察とあわせ、空から陸から観察は続けられています。

コウノトリは昔はその辺にカラスやスズメみたいな感じでいたのに、食べられちゃったり環境の変化が激しかったりして日本で繁殖する野生種は絶滅してしまいましたが、中国やロシアから譲り受けた個体を繁殖させ、日本国内での野生化を目標としています。
佐渡のトキと同じですね。

地名に「鶴〇〇」って場所がよくありますが、あれは本物のツルではなく、コウノトリのことを指している可能性もあるんですって。
私もフリー素材でコウノトリの写真を探しましたが、中には何枚かタンチョウヅルの写真にコウノトリってタグがついていましたよ。
プレーリードッグの写真に「ミーアキャット」って題名付けられちゃってるのはちょっとどうかと思いますけどね!

コウノトリは風切羽が黒いので、羽を畳んだ時お尻が黒くてタンチョウと似ていますが、タンチョウは首のところが黒いし、コウノトリは首から上も白く、目のアイラインが特徴的ですね。
西の方にいるナベヅルなんかはボディがうっすらグレーなので、コウノトリとは間違えないと思います。
あと紛らわしいのはサギの部類ですが、コウノトリはサギよりはだいぶ大きいです。
タンチョウは結構な声で鳴きますが、コウノトリは鳴かない代わりにクチバシを叩き合わせて音を出す、クラッタリングをするそうです。

コウノトリの保護は、ライチョウの保護とはまた違って、手付かずの大自然に暮らす鳥ではなく、どちらかというと人の手の入った里山、田園地帯ですので、一概に自然保護がどうの、というのとはちょっと違うのかもしれませんが、豊かな里山を守るのは大事なことなんですね。

コウノトリで有名な兵庫県。
コウノトリの餌となる生物を育むために、環境にローインパクトな方法で田んぼを作っています。
その田んぼでできたお米が「コウノトリ育むお米」なわけです。

アバウトなコウノトリ位置情報が面白い

野田市のこうのとりの里では、放鳥した個体にGPSをつけ、位置情報を把握しています。
現地の人々の観察もあわせて行われていますので、不幸にも命を落としてしまった個体は、遺体を回収して死因を調査することもできるわけです。

詳細な位置まではわからないものの、この辺、というのは数日おきに公表されていて、例えば平成28年に放鳥された雄のキズナさんという個体は、数日間の間に新潟、神奈川、千葉と移動しているのがわかり、ヘリコプター並の機動力であちこち神出鬼没です。

☆地図で見るとわかりやすくてすごく面白いので是非ご覧ください☆
コウノトリ放鳥情報(野田市ホームページ)
まめに更新されています!

横浜にコウノトリがいるとは思っていなかったので、食べられる草やお金持ちが落とした金目の物を探して地面ばかり見て歩くのはやめて、時々は空を見上げながら歩こうと思います。
自分の住む待ちにコウノトリがやってきたらハッピーじゃあありませんか!

新潟県に出向いたときは、トキが飛来していないか田んぼをドキドキしながら探しているのですが、コウノトリも探さなくてはなりません。
そうやって探していたらツキノワグマを発見してしまったのもご愛敬。
電柱の上とかで立派な巣を作る様子を普通に観察できるようになったら嬉しいですね。

赤ん坊を連れてくるのは欧州限定?

コウノトリが赤ん坊を連れてくるのは有名な話ですが、実はヨーロッパ限定のようです。
この伝承のコウノトリは、ヨーロッパとアフリカ北部に分布するシュバシコウで、クチバシが赤いのが特徴です。
ちなみにこのシュバシコウと日本のコウノトリの間では交配が可能ですので、日本のコウノトリが赤ん坊を運んできても何ら問題はないと思います。
シュバシコウは個体数が多いみたいなので、欧州での少子化問題は・・・!?

大きな鳥が大空を舞うのは優雅で美しく、ハクチョウなんかは人気があります。コウノトリが普通にそのへんにいる世界ってどんなだったでしょう。それほどはるか昔の話ではなかったのです。それが将来現実になるかもしれません。私の目が黒いうちにそうなれば嬉しいですが、そうでなくても100年後200年後の日本の空をコウノトリやトキにぜひ飛び回っていて欲しいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする