メダカ稚魚の越冬準備!1~2cm以下は屋外睡蓮鉢から屋内水槽へ

我が家ではベランダに設置した30リットルのプラ舟と睡蓮鉢で、それぞれ金魚(玉サバ)3匹シロメダカを飼育しています。
シロメダカは何匹いるのか数えたことはありませんが、夏の間に採卵して稚魚を育てるのを楽しみにしています。

玉サバは寒さに強い品種なのでそのまま屋外で越冬しますが、シロメダカの稚魚は心配です。屋内に入れなきゃなぁ、と思っていたところ突然冬が始まってしまいました!

メダカは屋外で越冬できるのか?

もちろん野生のメダカは屋外で冬を越すしかありません。
冬の間は冬眠状態になって冬を越すようです。
野生のメダカの生息する池などは、落ち葉が水中に堆積していたり、日当たりのいい場所とそうでもない場所があったり、と同じ池の中でもメダカがある程度好む環境を選べるのではないでしょうか。

しかし、我が家の睡蓮鉢は違います。
小さな鉢で、落ち葉も入っていませんし、日当りも、1日の中での変化こそありましょうが、鉢内ではほぼ一定でしょう。

神奈川県の海に近い場所ですので、それほど寒さが厳しいわけではないですが、1月2月には睡蓮鉢の表面に氷が張ったこともあります。
でも大人のメダカはこれまでも屋外で冬を越し、夏には卵を産んでいます。

睡蓮鉢の中の水が全て凍結するようなことになったら無理でしょうが、ある程度の水量を確保できるなら、大人のメダカは外で越冬できるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スドー メダカの発泡丸鉢 関東当日便
価格:1148円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

発砲スチロールの鉢なら、夏も冬も温度変化を受けにくいので、凍結もある程度防げそうですね。
軽いし、ベランダ飼育にはこれが一番便利かもしれません。

冬の間は活性が下がる(活発には動かなくなる)ので、餌を与える量に注意が必要です。
日中日が射して温かいときに少量与え、食べなかった餌が水質を悪化させないように気をつけます。

今年生まれた稚魚たちの越冬

メダカの稚魚の越冬

今年生まれた稚魚たちといっても、5月に生まれた稚魚と9月に生まれた稚魚ではサイズが全然違います。

5月に誕生した稚魚はもう卵を産んだものもいますし、大人メダカ達と混泳させても大丈夫なサイズ、2cm位まで大きくなったものはそのまま大人メダカと一緒に外の睡蓮鉢で越冬させます。

9月生まれの稚魚には、個体差が大きく、まるで昨日生まれたかのような小さなものもいますので、メダカ保育園から屋内の水槽へ移動させます。

メダカ稚魚、大人と混泳できる大きさは?

では、どれくらいのサイズまで育った稚魚が親と一緒に外で越冬できるのか?
これが悩ましい問題です。
一般的には親の口に入らないサイズ(1cmくらい?)になればOK、とはいうものの、これから冬を迎えるという時期に、食われはしないけれど、

  • 大人メダカに追い回される
  • 大人メダカに餌を奪われる

これだけでも子メダカにとっては脅威ではないでしょうか。
というわけで、我が家の場合は1.5cm~2cm程度まで育ったものは大人メダカと混泳させるか、子メダカだけのメダカ鉢に入れるか、という形で外で冬越しさせるようにしています。

外の人の目によく触れる場所に置く鉢は、陶器製が好きです。
温度変化も少な目だし、何より見た目がカッコいい!

お部屋に水槽のある生活の喜び

屋内水槽といっても、熱帯魚など飼育しているわけではないので冬になると立ち上げる水槽です。
屋外に汲み置きしておいた水を水槽に張り、なるべく水温差をつけないようにして稚魚たちの引っ越しです。

稚魚は小さく、裸眼で1以上ある私の視力でも見つけるのが困難なので、取りこぼし防止のため、保育園鉢の水は少しずつ、何度かに分けて全て一度ヨーグルトの空き容器に移して、目視で確認してから捨てます。
ヨーグルトの空き容器は白いので、ごく小さな稚魚も目視しやすくて具合がいいのです。
稚魚水槽の掃除、水替えのときには重宝します。

屋内に設置する稚魚水槽は、フィルターもポンプも使用していません。
30センチ水槽に、酸素対策は水草(アナカリス)のみです。
フィルターを回すと水流が稚魚には強すぎるので、でも今後稚魚が成長して水が汚れだしたら、スポンジで水流を緩和させつつフィルターを回すかもしれません。
やはり魚の数が多ければ多いほど水は汚れますし、水槽が大きければまだしも、小さな水槽だとフィルター回したほうが水質的に安心なのは確かです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グラステリア AGS OF230 5415087 ジェックス
価格:18632円(税込、送料無料) (2018/10/3時点)

以前は熱帯魚も飼育していたので、部屋に水槽があるとやっぱりいいなぁ、と思います。
家に遊びに来たお客さんもよく水槽を楽しそうに眺めていましたし、ヒトって水を見ると和むし火を見るとテンション上がるんでしょうね。
最近のろ過システムは素晴らしく、水槽掃除の回数もだいぶ減らせそうな感じで、危ない危ない、熱帯魚水槽を立ち上げたい誘惑にかられています。
メダカの稚魚水槽ですが、屋内はエアコン暖房のON/OFF程度の温度差しかないですし、特にヒーターやサーモスタットはつけていません。

メダカの稚魚の越冬

メダカの稚魚たちの移動作業を行うにあたって、屋外の30リットルプラ舟と睡蓮鉢に手を突っ込んで作業していましたが、水の冷たさにびっくりしました。

この水温で越冬できるメダカはすごいですが、この水温でクレクレダンスしている玉サバには本当に驚かされます。
さすが、寒さに強いと謳っているだけのことはあります。

メダカの稚魚も、小さいのをそのまま越冬させると春に生き残ったものは非常に強靭な個体のみだそうです。
そうやって強い個体を手に入れるのもひとつの方法ですが、ぬくぬくぬるま湯(実際は水ですが)で育ってもらって、暖かくなったら大きくなったメダカ達を屋外の鉢に移動させるのがひとつの楽しみとなっています。

屋外水槽の大雨対策について

メダカを飼っていて一番楽しいお仕事

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする