アブに刺されない方法!ブヨとブユの違いは?オニヤンマは味方?

外で虫に刺されたとき、刺したのが何の虫なのかわかりますか?
蚊ならわかりますが、アブだかブヨだかなんだか・・・。
チクっとした痛みを足に感じてから自分の勉強不足を嘆きました。
ああ、わたし、アブとブヨの違いもわかってない・・・
敵を知るべく、調べてみました。

アブに刺されない方法!ブヨとブユの違いは?オニヤンマは味方?

アブとブヨとブユのざっくりした違い

アブ

アブに刺されない方法!ブヨとブユの違いは?オニヤンマは味方?

大きい。1~2センチ?目が超大きい。
黒っぽい。
ハエっぽい。
かじって血を吸う。

ブヨ

小さい。3~5mm。
かじって毒を注入して血を吸う。
後に重症化することアリ。

ブユ

ブヨの正式名称。

やだ!知らなかった!
「ブユ」が方言で「ブヨ」が正式名称だと思っていた関東人です。
関西では「ブト」っていうんですね!
今回自分が刺されてから、たぶんアブだと思うけど違ってたらアレだよねぇ、と確認してみたら大きさからしてやはりアブだったようです。

アブの好きなもの

二酸化炭素

呼吸をやめるわけにはいきません。
車に逃げ込み発進しても延々追いかけてきます。
パニック映画のようでした。
自動車の排気ガスがお好きなようです。
身体に悪いよ~。
ハイブリッド車、もっと言えば電気自動車だとどうなの?!
タバコの煙も好きなようですが、実験する余裕はありませんでした。
ドライアイスを投げたらおとりにできるのか?
人気ユーチューバーのどなたか実験してみてくれませんかね。

黒、青、赤

アブの種類によって微妙に違うようですが、黒青赤がアブには好まれるようです。
白装束が安心ですね。
ちなみに黄色やオレンジ色は花好きな虫たちにたかられますが、花好きな虫は血を吸わず「うざい」以外の被害はないので温かく迎えようじゃありませんか。
わたしはグレーのCWXタイツを履いていて刺されました。
一般的に暗い色はやめといた方がいいのでしょうね。

生きて血が流れているもの全般。
のんびり草を食んでいるシカやカモシカたちも厳しい環境のなかで生きているんだと再認識させられますね。
彼らにとってはアブなんかより人間の方がよほど危険でしょうが。

アブの嫌いなもの

いくら人間に対して吸血する嫌なやつでも、彼らの住処に攻め込んでいるのは我々人間のほう。
そう考えると、殺虫剤をまき散らすのはちょっとどうかな、と私は思っています。
殺生することなしに、相手に立ち去ってもらえたら嬉しいんです。

ハッカ系

わたしは虫よけスプレーをしていたにも関わらず刺されましたが、一定の効き目はあるようです。
やっぱりドラッグストアで安売りしているスプレーじゃだめかしら。
虫よけスプレーについては、ハッカスプレーを自作する人もいますし、ハッカスプレーの材料は無水エタノール、ハッカオイル、精製水なので、もうほとんどシーブリーズです。
エアーサロンパスも使い勝手がよく結構効き目もあるみたい。
筋肉痛対策も兼ねられるし。
これらは長袖長ズボンでも服の上から、顔はさすがにできないので帽子のつばの部分にも吹きかけておきます。
「歩く虫よけ」みたいな臭いになりますのでもしかしたらクマよけにもなっているかもしれません。

虫よけのにおいって独特なので、人によっては体調を悪くしてしまうこともあるようです。
確かに、大量に噴射するとむせそうになったり目がシパシパしたりしますね。

フェロモンをうまく利用して、虫からしたらスプレーした人間がその場にいないことになってしまうというハイテクだけど環境にはローインパクトな逸品があります。

我々忍者の子孫にとってはお馴染みの術をイギリスが開発しました。

オニヤンマとトラロープとおにやんま君

アブに刺されない方法!ブヨとブユの違いは?オニヤンマは味方?

かっこいいだけじゃなくてすごいハンターです。
オニヤンマを肩に乗せて歩けば無敵かもしれませんが、たぶんオニヤンマもそんなに暇じゃないので、オニヤンマ模様(黒黄)のロープ、いわゆるトラロープを振り回すだけで効果があるとか。

オニヤンマ何匹分??
山登り同好会とか、何十人分も用意するならいいかもしれないですね。

↓私はこれを買いました。

お金を出せばオニヤンマといつでも一緒にいられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虫除けグッズ 殺虫剤不使用 おにやんま君
価格:756円(税込、送料別) (2018/7/5時点)

これ結構効くんですよ。かわいいし!
アブが近づいて来たら、印籠のように見せつけてやりましょう。

その他天敵の鳥、虫

虫を捕食する鳥、虫たち。
しかしツバメやカマキリに一緒に歩いてもらえるわけもなし、ましてアシナガバチやゲジゲジとはご一緒したくないですね。
てなわけで一緒に歩くならオニヤンマ一択。
あ、疑似オニヤンマ、トラロープ的なもので効き目があるなら、ゲジゲジやムカデのゴム製玩具とか、鳥の模型とか、そういうのでも効果あるのかしら。
もうまたアブに会いたくなってきちゃった!

アブにやられたその後

家に帰ればステロイドの軟膏があるから大丈夫でしょう、なんてのんびり一日を満喫しましたが、結局家に帰り服を脱いでみてもアブにやられたところはどこだかわからなかったです。
刺された瞬間、確かに痛かったんだけど、「いたっ!」っと反射的に手で払ったから無傷だったんでしょうか?
その瞬間は確かに痛かったけど、その1時間後2時間後・・・全然痛くもかゆくもなかったので、それで腫れてたりしたら逆にビックリですが。
運がよかったのか、ポニーに噛まれた時の方が全然重症でした!
(ポニーの歯形は、赤→紫→黄色と変化して楽しませてくれました。)

刺された(吸血された)直後にポイズンリムーバーで吸い出しておくと予後がだいぶ違うようですよ。
蚊にも使えるしヘビにもムカデにもアリにも使えます。
できれば使いたくないですが、アウトドアの必需品といえるかもしれません。
蚊くらいには刺されることもあるでしょうし・・・。
たまに刺された後、何週間もずーっと痒い蚊、いません??

口の中にいろんなバイキンがいるという、猫はどうだろう?(うちの猫狂暴なのです)

今回色々勉強して今までうやむやだったアブとブヨの違いもわかったし、ブヨはブユだってこともわかったので今後の人生に役立てたいと思います。オニヤンマ最高!

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする