シマトネリコの害虫駆除!オルトラン?最終兵器はアシナガバチ

我が家の庭木、シマトネリコは厳正なる審査の結果を経て選んだ木です。
落葉樹は落ち葉の掃除が大変だし、虫だらけになったら困るし、あっという間に巨大化して家を飲み込んだら困るし。
で、シマトネリコ、虫が付きにくいというので選んだ樹木ですが、夏になるとどこからともなく誰かがやってきて卵を産むらしく、木の下に黒い糞が落ちています。

私がシマトネリコを選んだ理由

我が家は3階建狭小住宅。
庭なんてありませんが、コンクリートだけなのも無機質で寂しいので、外構部分に土を入れる箇所を残してもらいました。
1本くらいなら木を植えるスペースもありそう、ってことでシマトネリコ。

  • 落葉しない
  • 虫がつきにくい
  • 成長が遅い

これらの理由で選んだシマトネリコですが、実際は

  • そこそこ落葉する(春頃、生理的落葉?年中掃き掃除が必要なほどではない)
  • そこそこ虫がつく(夏季に虫の糞が落ちる程度:クチナシほどではない)
  • そこそこ成長する(8年で3倍くらい?10年で屋根に届きそう)

あ、あれ?

葉は暑苦しくない様子ですてきだし、夏は実際涼しい木陰を提供してくれて非常に気に入っています。
台風の前には大幅にやりすぎって位剪定しますが、枝が折れて飛んでったってこともなさそう。
飛んでっちゃってたら知りようがないけれど、けっこうよくしなる枝をしています。
住宅街なのにたまに野鳥が羽を休めに来たりして、私も猫も大興奮しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマトネリコ別名:タイワンシオジプラ鉢(鉢皿付)高さ:80cm〜95cm
価格:2970円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

成長が早いものよりは成長が遅いのかもしれませんが(?)、結構大きく育つので、最初は小さいものを購入した方がいいと思います。小さい方が安いし!

シマトネリコのオルトランは効くけど罪悪感

夏になると木の下に黒々と落ちている虫の糞。
他の生物の糞のように臭くなったりはしませんが、いかんせん見た目がよろしくありません。
昨年までは害虫駆除のため、定期的に株元にオルトランの粉末を撒いていました。
野菜にも使用できる農薬ではありますが、散布した後はダンゴムシやアリの死骸を見つけました。
オルトラン成分を吸い上げた植物の樹液を口にした虫のみに効果があるのかと思っていたのですが、なぜでしょう。
通りすがりの虫を駆除するのってどうなのか。
外にはメダカもいますし、大きなカエルも住み着いています。
オルトラン虫をヤモリが食べたら?

でも、株元に撒くだけで効き目は十分、水で希釈したりする手間のない顆粒タイプは特に、手軽に使用できて重宝しますので常備しております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルトラン粒剤 200g
価格:918円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

アシナガバチによるアゲハ幼虫の誘拐

夏の始まりごろ、赤くなりだしたミニトマトを物色していたら、アシナガバチがやってきました。
周りは住宅街ですが、こんなところまで巡回に来てくれるのです。
そういえば、地植えして定着したスーパー出身のセリに毎年アゲハチョウが産卵し、その幼虫たちはすごい勢いでセリを食い尽くしますが、大きくなる前にいつのまにかいなくなっていることに気づきました。
夏のセリは固くて美味しくないので人間は食べません。
アゲハチョウの幼虫に献上していたのですが、食い散らかされていたセリがいつの間にかまた茂っているので不思議に思っていると、アシナガバチが低空で巡回しており、ああ、彼らに連れていかれてしまったのか、と合点がいったのでした。

※スーパー出身のセリの永久機関化もしくは水耕栽培

セリって根っこ付きで売られていると思いますが、上の部分を美味しくいただいたら下の部分を水栽培します。
そうです、豆苗と同じ塩梅です。
イチゴやお豆腐の空きパックとかに1~2cm水を張り(深すぎると腐りやすくなります)、毎日お水を取り替えるので、台所に置いておくと水交換が楽です。
根っこが十分育ったら、定着させたい土に植えるだけ!
プランターでも、花壇でも、畑でもOK!
最初のうちは水っぽい環境にしておきます。
毎日お水あげてください。
プランターだとその後もマメに給水した方がいいと思いますが、地植えの場合は雨任せでも大丈夫でした。
通りすがりのおじさんに「これ、セリ?水場じゃないのに育つんだ!」と聞かれたことがありますが、育ちました。
野生のセリは田んぼの畔とか水っぽい場所に生えていますので、水耕栽培でもいけるでしょう。
セリアでもダイソーでも百均に行って、適当なゴミ箱とサイズの合うプラかご、バーミキュライトと不織布、セームタオルを買ってくれば1000円以下で始められます。
この水耕栽培、お部屋の中でやれば虫もつきません。
水菜なんかの葉物野菜でやると便利です。
(水菜はスーパー出身じゃなくて、園芸店で種を購入しました。)

ちなみに、水耕栽培は百均で十分楽しめますし収穫できますが、見た目がアレなので、インテリアにこだわりのある方はキットを使うとお洒落で美味しいという素敵な生活ができますね!

葉物野菜を育てていて、天候の関係で価格が高騰したとき、スーパーで普段の3倍位の値段でうちで栽培している野菜が売られていると、「勝った!!」という謎の優越感に浸ることができますのでお勧めです!

葉巻かと思ったらイモムシだった

たまに原型をとどめない「イモムシだったっぽい何か」が丸くなって転がっていることがあります。
これがアシナガバチの制作する肉団子ってやつなんでしょうか。
黒コショウほどの大きさの特大の何かの糞がたくさん落ちてきて困惑していたら、しばらくして葉巻かと思うくらいの大きいイモムシの死骸を見つけました。
ひえ~!外傷はないようだけど、なにがあった?ちょっとしたトラウマです。

毛虫

葉巻よりは毛虫のほうがマシ・・・かな・・・

アシナガバチ様のシマトネリコ巡回

アシナガバチの偵察は非常に執拗です。
セリの畑の隅々まで、シマトネリコの枝と枝の間まで入り込んで隅々まで、ものすごくあちこちを丁寧に探しています。
今年はオルトランを使用するのをやめました。
朝、昼、一日数回、アシナガバチが巡回しています。
おかげで落ちている虫の糞は徐々になくなりつつあります。
「すぐ巣を作るから気を付けたほうがいいよ」と人に言われたのですが、わりと単独行動のようで今のところ巣作りはしていないようです。

蜂の巣

猛スピードで仕上げます

しかしながら、アシナガバチさまの巡回は依頼すれば来てくれるわけでもなし、そもそもどこに依頼すりゃいいのさ、ってわけで、状況によってはオルトランを散布することもあるでしょう。

アシナガバチの巣の突貫工事見学

新潟の民宿に宿泊したとき、5月でしたが、部屋の窓を開けると外側についた金属製の手すりにアシナガバチが巣を作っていました。
面白いのでガラス越しに観察していましたが、1泊しかしていないのに最初4つほどしかなかった部屋が翌日チェックアウトする頃には倍ほどに増えており、その建築スピードに驚きました。
あれは迷惑な場所に作られてしまったら、はやめに撤去しないとあっという間に完成してしまいます。

工場見学ブームですが、虫の巣作りの見学もなかなか楽しいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリ飼育入門キット アリの巣
価格:1350円(税込、送料別) (2018/10/3時点)

アリの巣観察セットがおうちにあったら、一日中見ていたい。

すぐそこにある野生の王国

コンビニもスタバもすぐある横浜の住宅街ですが、カエルやサワガニがすぐ家の裏におり、ヤモリが住み着き、巡回するアシナガバチに害虫駆除をお願いできる環境はありがたいものです。
田舎を出てきてからコウモリなんて見たことない、という同僚がいましたが、同じ職場に勤めていて、夕刻、退社するとき、社屋を出ると、ちょっと視線を上げればコウモリだらけです。
上を見て下を見て、観察してみれば身近なところにいろいろな生物がいます。
アシナガバチの巡回と入れ違いにクロアゲハが来たりすると微妙な気持ちになりますが、アゲハの幼虫はともかく、得体の知れない葉巻みたいなイモムシにはあまり遭遇したくないので、アシナガバチやアシダカグモが正義の味方に見えて仕方ありません。
室内に出現する正義の味方(クモ)はしばしば猫に喰われてしまいますので、捕まえて外に逃がしていますが、近所の奥様に殺虫剤かけられてしまわないか心配です。
そんなことになったら奥様に殺虫剤かけてしまいそうで心配です。

アシナガバチがイモムシを捕食するのは自然の摂理、ではヒトがハチを退治するのは?
自然のシステムの一部になるなら、ハチを食べればいいのでしょうか。
よく長野県民は、といいますが長野に親戚がいますのでそんなこと言えません。
ハチもイナゴも食べない!とうるさいので。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする