留守番猫の餌問題☆タイマー自動給餌器がごはんだよとネコを呼ぶ

みなさんのお宅の猫ちゃんは、規則正しくフードを食べていますか?
我が家の猫は、そりゃもう正確な腹時計を持っておりまして。
お休みの日の朝はゆっくり寝ていたい人間の都合などおかまいなし。
時間の感覚は正確だけど、曜日なんて知ったこっちゃないよねぇ。
先代の猫は好きなときに食べるタイプだったので、起こされることはなかったのですが。
我が家のように一気食いタイプの猫さん達の、飼い主さんの都合によるごはんの時間問題。
みなさんどうやって対処しているの?

急な残業で猫にごはんがあげられない人々

あるあるです。
人間、働いていりゃあ、そりゃ急な残業だってあります。
「ネコのごはんの時間なんで・・・」って言える会社にお勤めの方はラッキーです。
ワーカホリックとは程遠い私ですら、急な残業で帰りが21時22時になることもありますが、我が家の猫の夕飯の時間は19時。
何の手も打たず、2時間3時間遅れで帰宅すると、ネコはもうすごい剣幕で玄関まで迎えに来て、抗議する声でニャーニャー鳴きまくります。
コートを脱いだり、手を洗ったりしている間も吠えまくります。
「ごめんね、遅くなって」とフードをお皿に入れ、ネコに差し出してもそれに気づかないくらい吠えています。
フードを所定の餌台にセットしようとするお皿を持った手に猫が突進して頭突きして、お皿を落としてしまい、ドライフードが床に散らばり、それを拾っている間にも猫が喰らう、というパニック展開もありました。
昼間ひとりで留守番中、テレビ見ながらお菓子食べたりコーラ飲んだりできない猫です。
気晴らしにお洒落なカフェにも行かないし、牛丼屋にも行けません。
ごはんが楽しみなんです。

本当に申し訳ない。

急な集まりで猫にごはんがあげられない人々

私は飲まないので、これはないです。
普通に断れるし、言える人には正直に言っちゃいます。
もっと強者の断り上手は、相手に行きたくない意志を伝えるために、
「金魚に餌やらなきゃいけないので帰ります」と言うらしいです。

周辺の猫飼いで飲むのが大好きな人々の場合。

Aさん。普通にいい気分で帰宅するまでおあずけ。
そのままごはんあげないで朝まで意識不明だったことがあるとか。
その後猛反省して週に7回しか嗜まないらしい。

Bさん。普通にいい気分で帰宅するまでおあずけ。
午前様でもしょうがないとか。
帰宅すると大型犬が暴れたかのように部屋が荒らされていたりすることもあるらしい。
頑張れBさんの猫。Bさんが懲りるまで荒らしまくれ!

というわけで、みなさん意外と猫の食餌の時間にはシビアではない模様。

肉食獣な猫の食事リズムはチョイ食べ?一気?

現在、家庭でペットとして飼育されている猫すなわちイエネコには、「総合栄養食」と謳っているキャットフードとお水があれば、栄養的には十分なわけです。
実際のところ、人間にもしばしば粗食ブームが起きたりしますが、何を食べるか、と同じくらい「何を食べないか」が重要だったりします。
肥満など現代病がペットの間でも見られるようになったこの時代、むしろ総合栄養食と水だけを与えることがペットの健康には一番いいのかもしれません。
でも、人間のように、カフェだゴルフだフジロックだ、と娯楽が選べないペットですから、美味しいおやつというのは彼らの人生を豊かにする要素の一つとなるのでしょうね。

犬は雑食、猫は肉食というのが一般的な考えです。
肉食動物は獲物を獲得できるときとできないときがあり、食事のタイミングがバラバラになりがちです。
周りの猫たちを見ても、猫種に関わらず、一気食いタイプよりも好きな時に好きな分だけチョイチョイ食べるタイプの方が多いように感じます。
彼らはフードを与えてもその場で一気に食べつくしたりしないので、1日2回、定期的に交換はするものの、飼い主が留守だったり意識不明だったりして食いっぱぐれるという悲劇とは無縁でいられるようです。

お助けアイテムはオートフィーダー(自動給餌器)

残業を断れはしないものの、家で待っている猫が気になって仕方がなく、結果的に仕事の効率化につながっているかもしれないポジティブな考えは置いておいて、もともと予定している留守の場合、我が家では電池で動く自動給餌器のお世話になっております。

セットされた時間になると中のお皿が回転し、ふたが空いた隙間部分にフードが入った部分がストップして音声が鳴り、猫がフードにありつけるというシステム。
録音機能があり、セットされた時間になると私の声が「ごはんだよ~」と間抜けに響きます。間抜けなのは私のせいで、商品には何の責任もございません。
複数回(うちのは4回まで)セットできるので、泊まりの旅行にも対応できるとか・・・怖いのでうちでは泊まりの場合はヒトに頼んでしまいますが。
乾電池の残量まで知らせてくれる便利なランプがついていて電池切れも安心です(現行品には搭載されているか調べてみたけれど不明でした)。

他にもウォーターサーバーのように上部のタンクからフードが下の受け皿に落ちてくる方式のものもありますが、色々な商品のレビューを見て、食いしん坊のワンちゃん猫ちゃんだと器用に出口から手を突っ込んで中身を食べちゃうというすごい技の報告があったので、うちの猫は絶対できる!という根拠のない自信により、この回転方式のものにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペット用自動給餌器 NEWビストロブラック
価格:14405円(税込、送料無料) (2018/7/28時点)

オシャレで見るたびほしくなる!!
たまたまセットした時間より早く帰宅できたとき、この給餌器でうちの猫がどうやってフードを食べるのか見ていたら、案の定、機械が作動した音に反応して駆け寄り、回転し終わるのを待たずに隙間に頭をねじ込んでフードをがっついており、機械が間抜けな声で「ごはんだよー」という頃にはとっくに食べてますけど何か、的に完全無視でした。

予定されている残業やお食事会、日帰り旅行、夜遊び、全部この自動給餌器があれば安心です。
時々レビューで見かける「ちゃんと動いていませんでした」という恐ろしい事故も、我が家では発生しておらず、しばしばこの給餌器でしっかり食事した後にも関わらず、帰宅した私に「ごはんもらってないんですけど」と二度目のごはんをしれっと請求する猫に、きちんと給餌器を洗って拭いて片付けるところまで証拠隠滅しないとだまされないんだよ、と説明しています。

実際のところ、ごはんの時間が2~3時間ずれたところで猫は死にはしませんが、その「死にはしない」状況にあんまりしたくないなぁと思うのです。
朝や夜、うるさかったり邪魔だったりするけれど、「ごはんくれ~」とギャーギャーうるさい請求がなくなると寂しいので、在宅中は使いませんが、クロネコヤマトの配達のお兄さんに「ごはんくれ」と言った猫が、自動給餌器に向かって「ごはんくれー」と言っているのは見たことがないので、まだ私は自動給餌器よりは上にいるんだな、と安心を与えてくれます。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする