ニホンカワウソ発見!ユーラシアカワウソとの違いは?

長崎対馬で、ツシマヤマネコの調査用カメラに
生きて動くカワウソの姿が映りました。

絶滅したはずのニホンカワウソの生き残りか?!
と期待されますが、ニホンカワウソだ!と断言するには、
詳しく調査しないとわかりません。

韓国沿岸から流れ着いたユーラシアカワウソかもしれず、
現段階では微妙な感じです。

ニホンカワウソ発見!ユーラシアカワウソとの違いは?

ニホンカワウソはなぜ絶滅したのか?

ニホンカワウソはかつて日本中の
水っぽいところ(河川や海辺)に生息していましたが、
毛皮の乱獲や水質汚染、漁獲物を荒らす害獣とされたり、
で数を減らし、1979年に高知で目撃撮影されたのを最後に姿を消しました。

もともと日本にはニホンカワウソとして、
北海道亜種と、本州以南亜種とが生息していたのですが、
2種とも2012年には絶滅宣言がされました。

カワウソの毛皮は現在も販売されていますが、
ミンクやセーブルと同種だというのが売りみたいですね。
毛皮反対!とここで大声で叫ぶつもりはありませんが、
やはり生きている者、生まれ持った者が身に着けている姿が
一番美しいと思います。

ニホンカワウソはそもそもユーラシアカワウソだったかもしれない

このニホンカワウソ、そもそも日本固有種という説と、
ユーラシアカワウソの亜種という説に分かれ、
結論は出ないままです。
DNA検査技術が確立してからのサンプルがないからでしょうか。

では、残っているはく製の毛皮などからのサンプルでは
比較できないのでしょうか?
はく製にされた動物からDNAを採取する技術は
それだけがテーマになるくらい難しいことで、
DNAの採取はできるものの、断片的になってしまったり、
貴重なはく製を傷つけてしまうことから
避けられるようです。

ユーラシアカワウソだとしたら?

対馬と韓国沿岸との距離はわずか49・5kmです。
戦前から「日韓トンネル」なんて構想もあったくらいですから、
晴れた日にはお互いが見通せるほどの距離です。

野生動物、しかもカワウソは泳ぎが得意ですので
対馬に流れ着いたことも考えられるでしょう。

今回ニュースになった対馬のカワウソ映像は、
2017年2月に撮影されたものです。

その後、環境省の追加調査により、
回収したカワウソの糞のDNA検査をしたところ、
ユーラシアカワウソのDNAが検出されました。

この糞が映像のカワウソのものかどうか不明です。
2頭以上の個体が生息しているかも不明です。
映像に写ったカワウソが現在どうしているのかも不明です。

わからないことばかりです。
でも糞のDNAがユーラシアカワウソのものだったとして、
そもそもニホンカワウソがユーラシアカワウソの亜種説をとるなら、
その違いは何なんでしょう?
どこ由来とか、そういった細かい分類のお話なのでしょうか。

ニホンカワウソ、ユーラシアカワウソどちらでも

九州ではツキノワグマは絶滅したと言われています。
しかし目撃情報は絶えず、
写真でも「どう見てもツキノワグマ」が撮影されています。

しかし現在九州に生息しているツキノワグマは、
やはりDNAをたどると本州から渡ったツキノワグマで、
だから九州原産のツキノワグマは絶滅したことになっています。

真面目な分類をするとそのような結論となりますが、
九州には確かにツキノワグマが生息しているのです。
ややこしい。

カワウソも、絶滅したはずの
正真正銘ニホンカワウソが対馬の山の中で
ひっそりと種を繋いでいたのならこんなにうれしいこともないけれど、
ユーラシアカワウソが韓国から流れ着いたのだとしても
それは野生の自然な姿なのだし、
結局どちらにせよそっとしておいてあげるのが
一番なんじゃないかと思います。

飼育されていた個体が逃げ出したとなると?
コツメカワウソは最近ペットとして人気があるようですが、
コツメカワウソは小さいので違いはすぐわかりそうです。

ユーラシアカワウソを飼育している動物園

  • よこはま動物園ズーラシア
  • 上野動物園
  • 井の頭自然文化園
  • アクアマリンふくしま
  • 宮崎フェニックス自然動物園
  • 高知県立のいち動物公園
  • 新潟マリンピア日本海
  • 富山市ファミリーパーク
  • 広島市阿佐動物公園

※生体です。
動物の体長や動物園の都合により
展示していないこともあるかもしれません。
しかも繁殖で結構あちこち行き来しているようです。
訪問前にご確認を!

ユーラシアカワウソはコツメカワウソよりも
飼育している動物園が少ないですね。

でも実際にユーラシアカワウソを目にすると
コツメカワウソよりもだいぶ大きくて驚きます。

ニホンカワウソとユーラシアカワウソの違い

こんな動物が日本にも野生で暮らしていたんですね。
その辺をカワウソがウロチョロしていた日本、
どんなだったんでしょうか。
生物多様性の大切さが説かれている時代です。
思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

**********************************************

2017年10月14日追記:
DNA鑑定の結果、ユーラシアカワウソだと発表がありました。
しかしやはり、もともとのニホンカワウソがユーラシアカワウソの
系統だとすると・・・?

ニホンカワウソの悲劇を繰り返さないために