猫の術後服どうする?エリザベスカラーはイヤ!傷舐めたい!な猫に捧ぐ

我が家のスコティッシュフォールド(女)が10歳になりました。
先代のスコティッシュフォールド(女)はちょうどこの年齢になったころから、手術を4回ほど受けることになり、術後服に悩まされたことを懐かしく思い出しました。
無縁でありたいとはいえ、病気や避妊手術でお世話になることもある術後服、みなさんはどうされていますか?

10分でできる手作り術後服:乳腺腫瘍と闘った猫のために

先代のスコティッシュフォールドは12歳で天国にいきました。
未だに後悔しているのは、彼女に避妊手術を受けさせなかったこと。
10歳を過ぎた頃にお腹にポチっとしたものを発見し、それが度重なる手術を受けることとなる憎き乳腺腫瘍でした。
術後、大きなお腹の傷が気になって気になって、でもエリザベスカラーを装着した途端にゴロンして一歩も動かない・・・どころか立ち上がる気すらなくなった猫のために、カラーはやめて服を着せることになりました。
ペットショップにいくと色とりどりの可愛らしい服が並んでいますが、みんな犬用です。
店員さんに相談しながら、猫だから身体は小さいけれど柔軟性があるし、ということでミニチュアダックス用の胴部分が長めの、柔らかいTシャツのような伸縮性のある素材のものを購入しました。
着せてみたところ、最初はイイ感じでも、動き回るうちにお腹の部分がめくれてきて傷が出てきてしまいました。
そこで私の母がものの10分ほどで改造を施しました。

10分でできる猫の手作り術後服

センスについては何も言うまい。
縞々のTシャツ部分はミニチュアダックス用の市販品です。
パンダ部分がつぎ足した手作り部分。
よくもまぁ、こんなにかわいいパンダ柄の布があったと思います。
何でもすぐ捨てる母は、私がバイト代を貯めて買ったブランドもののサンダルを勝手に捨てやがりましたのに、こんな布はすぐに出てくるのです、どっかから。

10分で作れる猫の術後服

ひとつ作ってうまくいったので、着替え用にもうひとつ作成してくれました(写真左)。
そっちはもうパンダ柄の布がなかったみたいです。

10分でできる猫の術後服

裏からみるとこんな感じです。
すぐ作れるのも納得の、手縫い並み縫い直線のみ。
あ、布の切れ端はかがり縫いしてありますね。

パンダの方は「やばい!何とかしなくちゃ!」と急いで作成した一作目ですが、後発品(左)は、よりお腹の傷の部分にあたる部分が柔らかい布になるよう、母の気遣いが見えます。
あれ、パンダも模様じゃなくて布が柔らかいからこれにしたのかしら。

とにかく先代猫はこの術後服を着て、術後のだるくてしんどい日々を何とか過ごしたのでした。
今我が家にいる猫は、生後半年ほどでうちに来て、すぐに避妊手術を受けさせました。
お腹にでっかい絆創膏を貼られ、それを舐めて剥がすこともなく、術後服の出番はありませんでしたが、今後何かの時にお世話になるかもしれないので、この母の力作(?)はずっと大切に取ってあるのです。
現在はいい術後対策品がたくさんありますので、先代猫の思い出としていつまでも手元に置いておきたい、というのが本当かもしれません。

進化したエリザベスカラー

自動車のワイパーがあんまり進化しないように、エリザベスカラーというものもあの大きな形状が当たり前のように考えていましたが、最近知人から愛犬の写真を見せられて衝撃を受けました。
「なにこれ」
「エリザベスカラーだよ」


まるで飛行機や新幹線に持ち込むエアー枕みたいでこんなの私が付けたらすぐ寝ちゃうよ!!
ちょっと太すぎる首輪みたいで、これならだいぶストレス少ないんじゃないでしょうか?

形状自体は昔ながらのエリザベスカラーですが、ソフトな素材で作られています。
キュートな柄で癒される~!(飼い主が)

猫用術後服を用意しておくのもいいかも

10数年前、私が猫の術後服を必要とした時は急だったため、その辺のペットショップに駆け込んでミニチュアダックス用の服を買い、当て布でカバーする、という方法でしたが、後日ネットで検索してみると、猫用の術後服をオーダーメイドで作ってくださる方もいらっしゃいました。
現在は、ネット通販でもすぐ手に入りますし、でもやはり最短でも1日2日はかかりますので、いざというときはミニチュアダックス用にパンダ柄の布を追加するのもよし、いざというときのためにあらかじめ用意しておくのもいいかもしれません。
術後服とはいうものの、手術に限らず、ちょっとしたケガや皮膚炎などで使うと便利なこともあるかもしれません。

お腹側の布部分がしっかりカバーしてくれていい感じですね。

猫というものは本当にデビットカッパーフィールドもプリンセステンコーも顔負けの素早さで服を脱ぎ捨ててしまいます。
しかも、上級者になると脱ぎ捨てた服を見つけるのが困難な場所でわざわざ脱ぎ捨てます。
脱げないようにしっかりとボディーにフィットして、かつ、苦しくないようなちょうどいいサイズのものを選んであげることが重要です。

特に猫ちゃんは普段洋服なんか着せませんので、いざ必要にかられて洋服を選ぶ場面になると、舞い上がってしまいました。
サイズが合わない、すぐ脱げちゃう、マジックテープの位置が猫の気に入らない、等々、色んな理由で買ったけど使えなかった服もたくさんあり、結局この母の手作り術後服が一番使えるやつだった、というわけです。
うちのかわいこちゃんがこれ着たらどんなにかわいいだろう、なんてゲヘゲヘいいながら舞い上がることなく、冷静な目でその子に合ったものを選んであげたいですね(自戒)。

パルモ

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする