ガソリン味の流氷の天使!バッカルコーン炸裂♪クリオネ新種発見

流氷の天使クリオネ。その正体は何なのか、子供の頃友達と揉めました。イカだよ!いや、虫でしょ?何故か親まで巻き込んでの大騒動でした。正解は「ハダカカメガイ」、巻貝の仲間でした!

流氷の天使クリオネの正体

軟体動物門腹足綱裸殻翼足類
(裸殻翼足目、または後鰓目裸殻翼足亜目)
ハダカカメガイ科、ハダカカメガイ属

流氷の天使クリオネ

中国語かと思うほど長い漢字が続きますが、軟体動物という言葉はよく耳にします。
フィギアスケートの選手なんか軟体動物かと思いますが、彼らは多分軟体動物門ではないと思います。

このクリオネことハダカカメガイ、名前のごとく巻貝の仲間ですが、貝を捨て去った姿です。
雌雄両性で、交尾の際のポジションでオスになったりメスになったりできるとか。
合理的。
スケルトン仕様ですが、内臓はスケルトンではありません。
北極海や北太平洋の寒流域の水深浅めの海に暮らし、自分に近い種の小さな動物を食べています。
捕食シーンはなかなか衝撃的で、頭部からバッカルコーンという6本の触手を伸ばして
獲物の養分を吸い取ります。


新江の島水族館 EnosuiMovieより

話だけ聞くとバッカルコーン、なんかコワイですが、実際に動画で見るとかわいいですね。
使うときだけ飛び出すバッカルコーン、無駄遣いしないバッカルコーン、神様が作った?こういう動物の合理性ってほんとにすごいと思います。

ちなみにこのクリオネ、1年の絶食に耐えることもあるとか。
ダイオウグソクムシを思い出してしまいました。

流氷の天使クリオネって飼えるの?

ナメクジみたいなものですが本当に飼いたいですか?

そんな方にはクリオネ飼育キットが売られているようです。
また、アクアリストには水温管理できる道具もありますよね。
そこまで設備を整えなくとも、飼育するだけならできそうです。
最低でも、

  • 水温0℃~5℃
  • 新鮮な海水

これをキープできる環境が必要です。

水温の上下は全ての魚類にとってストレスですのでぜひ水温は一定にキープしたいところです。
いえ、クリオネは魚類じゃなかったっけ。
魚類に関わらず、温度変化は全ての生物にとってストレスだと思います。
エアコンを発明した人にノーベル賞あげたいです。

冷蔵庫の中にクリオネ1匹につき1リットルの海水、海水は毎週1回は取り換える。
これじゃ見えないじゃん!
たまに出して愛でる程度ならできそうですが、やはり熱帯魚や金魚の方がよさそうですね。


こんなのだったら欲しいかも。

流氷の天使クリオネはどんな味?

何でもとりあえず食べてみるのやめなさい!

と言いたいところですが、どこにでも挑戦者はいるものです。
挑戦者がいなければウニも納豆も日の目を見ることはなかったかも。
で、食べた人はどんな味だったと言っているのか?

  • 発砲スチロール
  • シンナー
  • ガソリン

どれも食べたことないんですけど、何となくわかるのは何故でしょう?
ケミカルなまずさ?刺激臭がある?
正直ホタルイカ的な味を想像していました。
イカだ、と言い張っていた友人のせいかもしれません。

いやしかし、貝でしょ?貝なんでしょう??
アワビやサザエは地球滅亡の前日に食べたいくらい美味しいし、アサリなんか日常的に美味しいし、シジミは飲んだ日でも飲んでない日でも沁みるじゃあないの。
貝類のはしくれにも置けない感じ?

クリオネ、食べなくていいや、の一言に尽きます。

流氷の天使クリオネの新種発見in富山

新潟の観光漁港で買い食いしようとブラブラしていたら、並べられたブリの隣に瓶に入ったクリオネがいました。
あちらではそれくらいポピュラーな生物なのかと思っていました。
売り物ではなかったのですが、売ってほしそうにしてる人もいませんでした。

この度富山湾で見つかったクリオネは新種だそうです。
そもそも日本近海ではオホーツク海の辺りにいるらしく、富山湾の水深が深い場所で生息できる新種かもしれない、ということです。

地球温暖化に適応して多少温かい富山湾でも暮らせる新種が誕生したのかと思いましたが
まだまだ調査しないとわかりませんね。

クリオネ,新種,富山

この世界にはなんと不思議な生物がいることでしょう!

地球温暖化は人間の所業なのか、地球のサイクルなのか。

小さな翼で海中に漂う天使クリオネ。
しばしばスーパーや魚屋の店頭に並んで話題になりますが、飼育するには手間がかかり、食べても美味しくない。
軽々しい気持ちで購入するべきではありませんね!

冷たい海でしか生息できないクリオネ、この先もずっと海中を漂い続けて欲しいと願います。

クリオネはまずい。ではホッキョクグマは?

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする