トレッキングウェアを普段着に?趣味と実益を兼ねるファッション

人は年とともに素材にうるさくなるといいます。
私の周りを見ていると、実感することもあります。
若い頃は「これかわいい!」とデザインのみで選んでいた洋服。
最近では素材重視になってきました。
というのも、暑さ寒さに対応できない・・・というか、対応するのにパワーを使いたくない。
なので極力着ているものの力を借りて快適に生きていたいんですよ。
しかもちょっと前からの断捨離(変換できる!)ブーム。
パンクしそうなクローゼットっていけてないよねぇ。

夏と冬は全力で気温対策、それ以外はレイヤリングで

春と秋が日本から消失しつつあるといわれるこの頃。
暑くて暑くてクーラーの効いたお部屋で寝ていたい夏と、寒くて寒くて冬眠していたい冬。
結局寝ていたいだけ?だけどそういうわけにもいかない、人間だもの。
動物のように、人間も夏毛と冬毛、いや、夏は毛いらないか、変身して過ごせればいいんだけど、それでも着るもので調整できるのだから恵まれているのかも。
日本の住宅は基本夏の暑さと湿気対策に対応して作られている、といいますが、だからって風通しよすぎても冬辛いよう。
夏の暑さ対策と真冬の寒さ対策だけ考えれば、春と秋はテキトーに冬の中の方に着てるやつ着ればいいんじゃないでしょーか。
ピーコさんとかファッショニスタが聞いたら悲しみそうだけど最近の私はそんな感じです。

夏は麻素材一択!リネン大好き

で、夏。
京都の素敵な住宅のように、よしずやすだれで夏のしつらえ、風鈴に打ち水・・・ていうのも風情で後世に残したいものではあるけれど、40℃オーバーの京都で私はエアコンを求めてさまよいました。
Tシャツやタンクトップは綿のものも多く着ますが、麻はいいですね。
肌に触れるとひんやりするところ、シワもいい具合になじんでくれて。
ちょっと奮発して寝具を麻100%のものに変えたところ、本当に快適な熱帯夜になりました。
エアコンも使用しますが、扇風機のみでも横浜の夜なら越せます。
タオルケットの代わりに、中に布団を入れていない空っぽの麻の布団カバーをお腹にかけて快適です。
暑くて足で冷たいところを探す、という何十年も続けてきた熱帯夜の作業をせずに済むようになりました。
服に関しては、汗臭さも気にならずさわやかです。
もうひとつ汗臭さといえば、ウールも臭わないことに定評があり、何日もお風呂に入れないこともある登山者が愛用するわけです。
ウールって冬のイメージがありますが、メリノウールの夏用の服なんて綿のような着心地で快適です。
私は学校の制服も、冬服夏服ともウールで作ってもらいました。
毎日同じものを着る、という今となっては狂気の沙汰の酷使っぷりでも、あんまりテカらなくて無事卒業できましたよ。
って麻一択じゃないじゃん。
麻のワンピとか涼し気なんだけど、透けないように中にキャミソールとかペチコートとか着るから結局タンクトップに短パンが一番涼しいような気がします!
でも寝具は本当に麻が一番です!

冬はウール、夏もウールだけど

さてさて寒い冬。
私はスキーヤーで冬は毎週末新潟や長野を往復していて大忙しなんですが、いくら車でも家からスキーウェアを着て出かけるわけにはいきません。たまにいるけどそういう人。
メリノウールの肌着、その上にメリノウールの長袖Tシャツ、その上にフリースジャケット、その上にダウン。
下はヒートテックのタイツ、その上に暖パン。
私の脚はユニクロ大好きみたい。
上半身はメリノウール大好きです。
スキー場に着いたら、ダウンをスキージャケットに変更、暖パンをスキーパンツに変更するだけなので着替えも楽ちんです。
スキーじゃない真冬のお出かけのときも、だいたい同じ感じで、フリースがウールのセーターやパーカーになるか、ダウンジャケットがN-3Bになったりならなかったりくらいの変化です。
こういうブログをする程度には動物が好きなので、ダウンジャケットはパタゴニアのリサイクルダウンを使用しているものを着ています。
N-3Bはフードのモコモコもフェイク感丸出しなのが却って潔い感じがします。
以前ホグロフスの店員さんが、ヨーロッパの人は素肌にフリース着るっておっしゃってたんですが、スキーグローブのインナーのフリース素材で手がカリカリに乾燥するので、とんでもなく肌が乾燥するとしか思えません。
やっぱりメリノウールですよ。
そういえば、以前風邪をひいて高熱を出したとき、汗冷えで寒気が酷かったので登山ウェアに着替えたらすごく快適でした。
そのとき着たのもメリノウールのTシャツでした。

トレッキングウェアを普段着に

トレッキングウェア兼デイリーウェア

オレンジ:アイスブレーカー むらさき:トレスパス しましま:アイスブレーカー

以前はトレッキングウェアっていうと、ジップがついていたりスポーティなものが主流だったかもしれません。
ていうか今も本気のウェアはスポーティで、ジップは快適です。
ですが私はスキーできない期間の体力作りがきっかけで山を登るようになったものでして、山小屋に泊まるのもテントを担ぐこともしません。
だからって山を舐めるとたいへんなので、汗冷えする綿のウェアは着ないようにしています。
で何を着ているかっていうと結局メリノウールだったりします。
12月から5月のスキーシーズンは一切登らないので、必然的に暑い季節しか山に行けず、しかもそんなに気合入っていないので北アルプスも南アルプスも中央アルプスも行きません、鎌倉アルプスはたまに。
私がトレッキングウェアを選ぶ基準は、汗臭さ対策で、そうなるとメリノウールか、パタゴニアのキャプリーンか、ノースフェイスのマキシフレッシュあたりになるわけです。
キャプリーンはちょっと無理だけど、(いや、デイリーシリーズならいけるね、)ノースフェイスなんて最近人気だし、デザインを選べば全然普段から着れちゃいますね。
ほんの少しだけ、クローゼットの中がすっきりしました。
あとは冬なんだけど、どうしてもアウトドアかインドア以外すなわち街着としてフリースを着ることに抵抗があり、レトロXなんて流行ってたけどレトロXじゃスキーできないしなぁ。
結局冬物がクローゼットで幅を利かせているわけですが、ダウンジャケットだけでいくつも持っていた頃と比べればかなりマシになりました。

メリノウールが高い問題と虫食い問題?

メリノウール、臭わないし汗冷えしないし最高なんですが、いかんせん天然素材だし、高価なんですよね。
だから私はちまちまと買い集めました。
例えばアイスブレーカーなんかはノースフェイスのアウトレットで扱いがあるし、ワイポウアやスマートウールも石井スポーツやカモシカスポーツのセールでたまに安くなっています。
モンベルのアウトレットでもメリノウール100%のTシャツがたまにあります。
これはちょっと厚手なので、スキーのときフリースの下に着ています。
楽天でもトレスパスというイギリスのメーカーが送料込みで結構安く購入できます。
トレッキングウェアがセールになっていたら、素材を鬼のように確認しまくるとたまにメリノウール製品がしれっと紛れていたりします。
はい、アウトレット大好きだし、楽天大好きだし、定価で買うことはありません!
ちなみに上の写真に写っているメリノ製品は全部5000円以下です。
メリノウールの服はネットに入れて他の洗濯物と一緒に中性洗剤で洗っちゃいます。
虫に食われやすいといいますが、5年以上着ているものもまだ虫に食われたことはありません。
しまいこまないで使っているのがいいのかも。

友人と会う時に恥ずかしくない程度の服装でいたいと思っています。あんまりブランドロゴが主張しないデザインで、白や黒、カーキやグレーなどのシックな色を選べば快適さと見た目とを両立できるんじゃないかと思っとります。あとは髪や化粧やアクセサリーでなんとかして。さすがにトレッキングパンツでお食事会には行きませんよ。なんせ私の脚はユニクロ大好きなもんで。