猫の事件簿 | 全部ネコがやりました?

別に誰に咎められるわけでもないのですが、
この時期は暖房をつけるのに言い訳したくなります。
まだ冬というには早いけど、寒い…。
我が家では「ネコが寒いっていうから」と言って
エアコンのスイッチを入れています。
肝心のネコはというと、暖房の入った部屋とは別の部屋で
布団の中に潜って寝ていたりしています。

何か不都合なことが起きたとき、ネコのせいにする人はいます。

夏、エアコンの冷房をつけて寝ていたら、深夜に「ピピッ」と音がして、
しばらくすると熱風が吹いてきたことがありました。
そうです、冷房が暖房に見事切り替えられたのです。
もはや命の危険があります。
しかし、悪いのは人間なのです。
ネコが触れそうな場所にエアコンのリモコンを置いておくのが悪いのです。

警察に猫がやったと主張したキース・グリフィン

アメリカはフロリダ州で児童の不適切な画像を所持していたとして
捕まったキース・グリフィン(当時48歳)。
音楽をパソコンからダウンロードしている途中に席を外したところ、
飼い猫がパソコンに乗っかって該当の不適切画像を
ダウンロードしちゃったみたい、と供述したとか。
しかし所持していた1000もの画像、全部猫がやったわけもなく、
ちゃんと罰せられました。
警察もこんな言い訳聞かされるなんて大変なお仕事です。
慣れてるのかもしれませんが。
ネコ事件

遠隔操作ウイルスゆうちゃん事件に巻き込まれた江の島猫

遠隔操作ウイルス事件では江の島のネコの首輪に
記録媒体が付けられていました。
とてもフレンドリーな猫ちゃんで、私服警察官にも
最初はゴロゴロスリスリしていたのですが、
首輪を外そうとした途端、尋常じゃない雰囲気を察したのか、
反抗的になり、すったもんだして首輪は外れました。
ネコがそれ以上の尋問を受けることもなく、
首輪から解放されてほっとしているようにさえ見えました。
証拠を提出したのだから、お礼におやつくらい貰ってもいいんじゃないでしょうか。
ていうか、犯罪に猫を巻き込まないで欲しいです。

鍋島で起きた黒猫事件

鍋島(佐賀)といえば化け猫騒動が有名です。
恨みを持った猫が
飼い主の仇を討つために化けて復讐する…
もちろん本当にあった話ではありません。

しかし鍋島では実際に起きた事件で、
殺害された被害者の娘さんが緊急通報する際に
「ネコにやられた」と言ったという不思議なことがありました。
実際の犯人は人間で、逮捕されていますが、この娘さんの証言が
有名になり、「黒猫事件」などと呼ばれていますが、
黒猫の要素はどこにもないですね。
ヒトの噂というか伝聞というのはこうして広がっていくのですね。

ネコ事件

ヒトと猫との付き合いが長い以上、色々なシーンで
ネコが活躍…というのとはちょっと違いますね、
ヒトにネコがいいように使われてしまいがちです。

ちょっとまだ早いかな、という時期に入れるエアコンや
ホットカーペットを猫のせいにするのはともかく、
取っ散らかった部屋を猫のせいにするのはやめようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル336



レクタングル336



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする